ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

【イベント開催レポート】家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう!

f:id:YOU50:20191202110858j:plain

2019年11月30日(土)に、一般的にはあまり知られていない児童養護施設の現状について、理解を深めて頂くためのトークイベントを開催しました。

児童養護施設で育ち自立して福祉系モデルとして活躍している方と、私が1年間に渡ってキャリア教育を実施している施設の現役職員の方をゲストに招き、実体験を基に「現場・現実」を熱く赤裸々に語って頂きました。

最近では児童虐待の事件の報道も増え、児童相談所児童養護施設について関心が高まっているようですが、多くの方はテレビやネットのニュースを見て、それぞれ漠然としたイメージを持っているのではないでしょうか。

どんなテーマでもそうですが、メディアから流れるニュースや記事は、あくまでも「商品」だと思います。

限られた枠の中で、数字が取れるように編集され、見えなくなってしまう部分もあります。
特定のイメージを植え付けるように演出される場合もあります。
必ずしも、現場や当事者の真意が反映されているとは限りません。

だからこそ、生の「現場・現実」を知って頂きたい。

そのような想いを込めて、本イベントを企画しました。
概要は以下の通りです。

日時  2019年11月30日(土)14:00~16:00(13:30開場)
会場  牛久市エスカード生涯学習センター4階講座室
主催  プレイフルキャリア研究所(代表 五十嵐)
後援  牛久市牛久市社会福祉協議会

当日は、牛久市議会議員の方々をはじめ、様々なバックグラウンドを持つ15名の方々にご参加頂きました。

トークゲストは、こちらのお二方です。
トークショーのモデレーターは私が務めました。

■大澤 亮 さん

f:id:YOU50:20191202130632j:plain

社会福祉法人筑波会 筑波愛児園
自立支援コーディネーター

東京都が管轄する児童養護施設に配置された専門職である「自立支援コーディネーター」として、児童の施設入所中の自立に向けた準備から施設退所後のアフターケアまで、総合的な自立支援を担っている。

■田中 麗華 さん

f:id:YOU50:20191202131013j:plain

児童養護施設出身/福祉系モデル
ミスユニバース2018茨城県大会準グランプリ

8歳から18歳までの10年間、児童養護施設で育ち、退所後にミスユニバース2018茨城県大会準グランプリを獲得。
現在は、会社員として仕事をしながら、フリーランスのモデルやNPOの広報として活動し、自らの経験をもとに、親元を離れて暮らす子どもたちへの「理解の輪」を広げる講演活動や情報発信を行っている。
東京都里親制度PR動画出演(東京都)、インターネットテレビ「AbemaPrime」出演(Abema TV)、「NHKニュースおはよう日本」出演(NHK)、「news23」出演(TBS)など、数多くのメディアへの出演実績がある。

・オフィシャルサイト

まず開催にあたって、私から冒頭で、課題提起と企画の背景について簡単なレクチャーを行いました。

■課題提起
家庭で傷ついた子どもが陥りやすい、「負の連鎖」を断ち切るために、市民としてできることは何か?
■そのために・・・
家庭で傷つけられた子ども達が育つ、「児童養護施設」の現場・現実を知ろう!

レクチャーに使用したスライドの一部はこちらです。

f:id:YOU50:20191202133426j:plain

f:id:YOU50:20191202133446j:plain

f:id:YOU50:20191202133513j:plain

 

続いて、主に以下のテーマで、大澤さんと田中さんと一緒にトークショーを行いました。

f:id:YOU50:20191202134905j:plain

f:id:YOU50:20191202135239j:plain

お二方の初めてとは思えない息が合った掛け合いが絶妙で、とてもアットホームな雰囲気での本音トークが繰り広げられました。
参加者の方々も、ぐいぐいと引き込まれていくような感じで、とても熱心に聴き入っていました。

まさに、児童養護施設で働いている、育っていった方々にしかできない、リアルで生々しいトークショーとなりました。

語られた内容はとても素晴らしいものでしたが、あまりにもリアル過ぎるので、残念ですが、ここに書くのは控えさせて頂きます・・・(笑)。

その代わりに、参加して頂いた方のツイートをご紹介させて頂きます。

まずは、ゲストの田中麗華さんのツイートを。

ワンピーススタイルも素敵でしたが、明るく率直に語って頂いた、自らの使命感や社会的養護の向上への真摯な想いがとても素晴らしかったです。

本イベントは、年齢も職業もかなり幅広い多様な方々にご参加頂きました。

私が以前ボランティアスタッフとしてお世話になった、認定NPO法人ブリッジフォースマイルの方も来て頂き、とても嬉しく思いました。
その方のツイートはこちらです。
ちなみに、マスターとは、私のボランティアスタッフとしてのニックネームです(笑)。

また、筑波愛児園など児童養護施設を支援している、認定NPO法人Living in Peaceの方にも参加して頂きました。
その方のツイートはこちらです。

最後に、私から少しだけ、「負の連鎖」を解消するためのコンセプトである「幸せの連鎖構想」を提言させて頂き、イベントを終了としました。

f:id:YOU50:20191202144653j:plain

f:id:YOU50:20191202145038j:plain
※「幸せの連鎖構想」の詳細は、以下のページをご参照ください。
https://www.yuichi-igarashi.com/npo

大澤さんと田中さんのトークショーに対する参加者の方々の評価はとても高く、ほぼ全員の方から参加して良かったとの声を頂きました。

いつものことながら主催者として反省すべき点は多々ありますが、皆さまのお力添えにより、イベントとしては成功であったと思います。

参加者、トークゲストの皆さまに、この場で感謝を申し上げます。
どうもありがとうございました。

人々が助け合いながら、どんな生い立ちでもハンデを背負っていても、幸せに生きられる社会の実現を願っています。