ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

そもそも「キャリア」って何だっけ?

f:id:YOU50:20190508160812j:plain

※画像はイメージです

はじめに

「キャリア」という言葉は、日常の中で良く使われてはいますが、わりと意味があいまいだったり、人によって解釈が違っていることも多いような気がします。
そこで、「キャリア」に関する考え方や定義などを整理して、イメージを明確にしておきたいと思います。

「キャリア」の語源を辿ると、中世ラテン語の「車道」を起源とし、英語では、競技場や競馬場におけるコースやトラックを意味していたそうです。
そこから、今でいう、人の経歴や履歴のような意味合いになってきたと思われます。

先に、私が、キャリアコンサルティングの拠り所としている想いをお伝えしておきます。

キャリアとは、人の『人生そのもの』である。

かなり広い意味合いだと思いますが、最近のキャリアコンサルティングの代表的な理論家達も、言葉は違えど同じような主張をしています。

狭い意味での「キャリア」の定義

次に、狭い意味でのキャリアの定義の一例として、厚生労働省の見解をご紹介しておきます。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
「キャリア形成」とは、このような「キャリア」の概念を前提として、個人が職業能力を作り上げていくこと、すなわち、「関連した職務経験の連鎖を通して職業能力を形成していくこと」と捉えることが適当と考えられる。

※出典:「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書要旨よりhttps://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/07/h0731-3.html

少々堅苦しい言い回しになっていますが、もしかしたら、ごく一般的なビジネスパーソンの方が、「キャリア」という言葉を使うときのニュアンスに近いのかも知れません。
主に、やっている仕事に関する、経歴や履歴、専門性、能力、役職など、履歴書や職務経歴書に書くような内容です。

良く「キャリアアップ」という言葉も使われますが、それは、上に書いたような狭い考え方が基になっていると思われます。

しかし、後でまたお話しますが、広い意味での「キャリア」の考え方には、「キャリア」には「アップ」も「ダウン」もありません。

では、アップしたりダウンしたりするのは何でしょうか?

組織的、企業的な視点からの「キャリア」に関連する言葉の定義

次に、組織的、企業的な視点からの「キャリア」の定義をご紹介します。
※出典:「キャリアコンサルティング 理論と実際」木村 周 著

それぞれ、より狭い意味になりますが、言葉の意味の違いを整理しておくと、自分の仕事についての考えがハッキリ捉えられると思います。

・career
「仕事に関連した経験と活動に結びついた一連の自覚的態度と行動」

よく「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を聞きますが、これはその「ワーク」にあたる側面ですね。
この側面を「ワーク・キャリア」、もう一方を「ライフ・キャリア」と呼んで、区別する場合もあります。

・career ladder
「事業所内のある職業の上向移動の機会」

これが、俗にいう「キャリアアップ」に近いニュアンスでしょう。
キャリアの「梯子」、例えば、係長、課長、部長など、昇進・昇格というイメージです。
ちなみに、「キャリアアップ」を英語で言うと、「go up the career ladder」になるようです。

・career lattice
「事業所内のある職業の上向移動と水平移動のすべての機会」

これは、上よりも幅広い、職種や部署などの「異動」も含んだ意味合いになります。

・career pathキャリアパス
「個人が時間と空間にしたがって進む組織化ないしパターン化された経路」

キャリアパス」という言葉は、最近の企業では一般的に使われていると思います。
例えば、新入社員から定年退職までの、社員が辿ることを想定した、いくつかの標準的なパターンを指すことが多いようです。

・external career
「会社や組織において階級の上昇を示すものとしての外的キャリア」

これは、履歴書や職務経歴書に書けるような、仕事内容や役職、収入など、「目に見える」経歴のことです。

・internal career
「自己のキャリア形成がその人の自己概念を構成するという内的キャリア」

こちらは、上の外的キャリアの反対で、「目に見えない」心の領域で形成されます。
例えば、仕事で得られる「やりがい」や、自分の仕事に対する「誇り」のような、人の内面で育まれるものです。

以上に加えて、「職業」の一般的な定義も合わせて記載しておきます。

生計維持のために何らかの報酬を得ることを目的とする継続的な人間活動。

あるいは、一定の社会的分担もしくは社会的役割の継続的遂行。

やはり難しい言い回しですが、分かりやすくするならば、「世の中で食べていくために果たすべき役割」と言ってもいいでしょう。

では、その「果たすべき役割(活動・遂行)」を、もう少し噛み砕くとどうなるでしょうか。

職業に関連する言葉

次に、主な職業や仕事に関連する言葉を整理しておきます。
※出典:「キャリアコンサルティング 理論と実際」木村 周 著

・task
「仕事を分業化する場合の最低の単位としての課業」

よく、「淡々とタスクをこなす」と言われるような、作業的なイメージですね。

・position
「1人が分担する課業の集まりである職位」

人事で言えば、「採用担当者」とか「人材開発部長」とか、人ごとの仕事のイメージだと言えるでしょう。
例えば、「部下を指導する」という管理的なタスク(task)を複数担う職位(position)を、「課長」と呼んでいるような場合があります。

・job
「内容と責任の程度が相当程度共通し、関連性の強い職務の集まりである職種」

「人事」とか「営業」など、広めの仕事の領域を指す場合が多いようです。

・occupation
「最も一般的な意味での職業」

初対面の人に自己紹介するような時に、「こんな仕事やってます」みたいな感じで話す内容をイメージすると良いかもしれません。。

・work
「ある目的のために行う努力」

いわゆる「仕事・業務」といったイメージでしょう。

・labor
「肉体労働、苦痛を伴う労働」

必ずしも肉体労働に限りませんが、俗に「労働者」とか、欧州で「労働者階級」などという場合は、こういった意味合いで仕事を捉えている場合が多いでしょう。

・vocation
「その人が心理的に自分の職業というアイデンティティを持つ天職」

これは、「ワーク」と「ライフ」の境界が無く「職業=自分自身」と思えるほど、仕事そのものに生きがいを感じられる職業だと言えるでしょう。

以上、色々な言葉を上げてみましたが、こうして並べてみると、日常の中で「仕事する、働く」というような言葉が出る際に、色々な意味合いを漠然と混ぜていることに気付くかもしれません。

最近では、「働き方改革」という言葉が飛び交っていますが、「働くこと」をどう捉えるかで、やるべきことが変わってくると思います。
働くということを、「労働(labor)」と捉える人もいれば、「天職(vocation)」と捉えている人もいます。
どちらが良いとか悪いとかではなく、それぞれの人の「働き方」の価値観に違いがあることを、理解しておくべきでしょう。

就職や転職など「狭い意味でのキャリア」について考えるならば、今までお話した定義を踏まえておけば充分かもしれません。

しかし、自分の一生を、長い目で考えるには、より広い視野と高い視座から自分の人生を見つめるべきでしょう。

先に書いたように、職業とは、あくまでも、生きるための「手段」として「世の中で食べていく」ことに過ぎないからです。

では、生きる「目的」については、どのような視点から考えれば良いのでしょうか?

広い意味での「キャリア」の定義

次に、キャリアコンサルティングの発展に大きな影響を与えた、ドナルド・E・スーパーという心理学者のキャリアの定義をご紹介します。
※出典:「キャリア開発と統合的ライフ・プランニング」サニー・S・ハンセン 著

これは、最も適切な広い意味での「キャリア」の定義として、キャリアコンサルティングに関わる専門家から認められています。

キャリアとは、「生涯を通した自己概念の発達と実現の持続的なプロセスであり、自己概念を現実に対して検証し、それにより自己に満足すると同時に、社会に有益となるものである」。

その定義をさらに分けると、以下の4項目になります。

  1. 人生を構成する一連の出来事
  2. 自己発達の全体の中で、労働への個人の関与として表現される職業と、人生のほかの役割との連鎖
  3. 青年期から引退期にいたる、報酬無報酬の一連の地位
  4. それには学生、雇用者、年金生活者などの役割や、副業、家族、市民の役割も含まれる

学者の定義なのでわかりにくい表現かもしれませんが、なんとなく伝わってくるのは、キャリアとは、決して職業や地位だけではなく「人生そのもの」だということでしょう。

スーパーは、人は様々な潜在能力を秘めていると信じていました。
そして、個人がその潜在能力を開花させることこそ、普遍的な人生の目的であると考えました。

キャリアとは、単なる「労働者」としての能力だけではなく、人生の色々な役割を通して、より大きな可能性を拓くものなのです。

では、もう少し詳しく、スーパーの定義を見てみましょう。

1.人生を構成する一連の出来事

出来事とは、職業にまつわることだけでなく、学校や家庭での生活、結婚や家族との関りや地域でのボランティア活動など、人生で起きること全てを含んでいます。
生まれてから死に至るまでの全ての出来事は、人間としての成長に繋がってきます。
キャリアとは、人が成熟していく過程であり、まさに「人生そのもの」ということなのです。

2.自己発達の全体の中で、労働への個人の関与として表現される職業と、人生のほかの役割との連鎖

キャリアとは、職業と人生の様々な役割とが結びついた、人間としての成長のプロセス全体であることを示しています。
やはり「職業」は、社会との接点として大きな意味を持ちますが、それ以外の役割との繋がりを考えることが大切なのです。

3.青年期から引退期にいたる、報酬、無報酬の一連の地位

職業、仕事には、何らかの金銭的な対価があってこそ、生計維持が可能になります。
しかし、キャリアとは、金銭的な対価を得る活動だけではありません。
家事や育児、ボランティア活動など、無償の活動も含まれるということです。
例えば、女性にとって主婦や母親としての役割も、キャリアを成熟させる活動と考えられるでしょう。

4.それには学生、雇用者、年金生活者などの役割や、副業、家族、市民の役割も含まれる

上記のように、キャリアとは、報酬の有無にかかわらず、様々な役割が含まれるということを、例を上げて示しています。
スーパーは、キャリアには、主に次の6つの役割があると言っています。
子ども、学生、市民、職業人、余暇を楽しむ人、ホームメーカー(家庭人)。
人生において、これらの役割は、連続する時もあり、重なるときもあり、それぞれに割かれる時間も増えたり減ったりします。
そのような変化が、まさにキャリアそのものだと言えるでしょう。

以上、ドナルド・E・スーパーが提唱した、広い意味でのキャリアの定義をご紹介しました。

まとめ

この記事の冒頭で、私が考えるキャリアの定義は、「人生そのもの」だと言いました。
上にご紹介したスーパーの定義を見れば、その意義を理解して頂けると思います。

キャリアを「人生そのもの」として捉えれば、年収の多寡や社内の役職の上下にこだわるだけでなく、プライベートと仕事の相乗効果を高め、人生そのものを充実させる方向に視野が広がっていくでしょう。

特に専門的な知識は無くても良いですが、より人生を充実させるために、キャリアという言葉には、様々な考え方があるということを知ることも必要だと思います。
狭い意味でのキャリアとして転職などを考える際にも、上にご紹介したような、キャリア・職業に関する言葉の定義の違いを踏まえると、自分の状況が整理しやすくなると思います。

これからの世の中は、多様で複雑になり変化のスピードも加速する一方です。
自分の将来のキャリアを考えるのは、一人だけでは難しいかもしれません。

キャリアに迷ったときには、ぜひ、専門家であるキャリアコンサルタントを活用して頂ければと思います。