ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

キャリアデザインは「死」に向き合うことから始めよう

f:id:YOU50:20190506135546j:plain
※画像はイメージです

以前ネットニュースで、「ナースが聞いた『死ぬ前に語られる後悔』トップ5!Top five regrets of the dying」という記事を見かけました。

オーストラリアで、死を迎える患者の緩和ケアに携わった Bronnie Ware さんによると、人が人生を終える時に感じる後悔は、共通するタイプが多いそうです。
その後悔のタイプのベスト5は、以下の通りです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
~ I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔で、これがもっとも多いそうです。
よく、やって失敗するより、やらなかった方が、後悔する気持ちが強くなると言われますが、まさにそういうことではないでしょうか。

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
~ I wish I hadn’t worked so hard.

これは、特に男性に多い後悔だそうです。。
より多くの時間を、家族と一緒に過ごせばよかったと思うのでしょう。
失った時間は取り戻すことはできないので、とても辛くなるような気がしますね。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
~ I wish I’d had the courage to express my feelings.

他の人と平穏な関係を築こうとして自分の感情を抑え、平凡な人生で終わってしまったことを悔やむ人も多いようです。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
~ I wish I had stayed in touch with my friends.

人生が終わる間際になって、人は友人関係の大切さを実感するようです。
多くの人が、もっと友人関係に人生の時間を割くべきだった、というような後悔を感じるそうです。

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
~ I wish that I had let myself be happier.

これは、驚くほど同じように感じる人が多い後悔だそうです。
死に直面して、初めて、「幸福は自分で選ぶもの」だったと気付くということのようです。
生きているうちは、つい世の中の常識的な慣習に合わせて、自分を偽ってしまいがちなのかも知れませんね。

以上が「後悔のベスト5」ですが、一読して、本当にそうだと強い共感を覚えました。
私にも、思い当たるエピソードがあります。

数年前、末期癌で病院に入院していた、親類にあたる女性のお見舞いに行きました。
その女性は、当時60歳位でしたが入院する前はタクシーの運転手でした。とても明るく元気な人で、若い頃は芸能活動もしていました。

入院していた時は、もういつ亡くなるかわからないという状態で、本人もそれを自覚していました。
その女性の夫から、病状について連絡があり、亡くなる前にお見舞いに行くことにしました。

病室に入り、その女性と久しぶりに対面しました。かなり痩せ細っていましたが、その日は比較的調子が良い方だったようで、以前と同じような元気で明るい素振りでした。

既にもう命を失うことが確実になっている人に、どのように接すれば良いのか?

そのような複雑な想いや戸惑いはありました。
でも、よくよく考えれば、「死ぬまでは生きている」のだから、ごく日常的に普通に接すれば良いのではないかと思い至り、そのように接しました。

その女性も悲壮感はなく、ごく普通に接してくれました。

病室のベットの周りには、若い頃の舞台衣装をまとった写真や家族との思い出の品だけが、少しばかり並んでいました。

私は、それを見てふと思いました。

死に際に、自分のそばに置いておける「モノ」は、本当にわずかしかない。
そして、「モノ」はあの世には持っていけない。
「カネ」があっても死を止めることはできない。

結局、人生の最後に残る財産とは、「思い出」だけなんだ。

最後のお見舞いの数ヶ月後、その女性は亡くなりました。

人は誰も、死を避けることはできません。

しかし、死に際に、「ああ良き人生であった」と思えるように、生きている間の「思い出の質」を高めることは、誰にでもできるような気がします。

その「思い出の密度」を高めるためには、どんな生き方をすれば良いのでしょうか?

先に書いた、「死ぬ前に語られる後悔」トップ5をヒントに、一言で言えばこうなると思います。

「自分らしく、自分自身を大切に生きること」

キャリアとは「生きることそのもの」です。
それを、どう具体化するかを考えるのが、「キャリアデザイン」です。

私は、心の底で何を望んでいるのか?
私にとっての「本当のしあわせ」とは何か?
これからの人生に残された貴重な時間を、どんなことに配分すればいいのか?

人はいつ死ぬかわかりませんが、Wareさんが言っているように、多くの人が死に際に同じように後悔することがわかっているのなら、予め、そうならないように自分の人生を自分らしくデザインすることができるはずです。

だから、「死」に向き合うことを避けるのではなく、自分なりに折り合いをつけるべきではないでしょうか。
もちろん、私も「死」対する恐れはありますし、殆どの人もそうだと思います。
実際はなかなか難しいことだと思います。

しかし、必ず自分にもやってくる「死」の間際に悔いはないと思えるような、素敵な思い出をいくつか残せるのなら、あえて「死に向き合う勇気」を持って、自らのキャリアデザインを真剣に見つめ直す価値はあると思います。