ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

【ソーシャルMBAフォーラム】開催レポート 〜映画「隣る人」鑑賞・対話会

f:id:YOU50:20180705111739j:plain

 

2017年8月6日(日)に、私が主宰するグラスルーツ・シンクタンクYOU.lab多摩大学大学院の共催により、日本において社会的課題となっている「子どもの貧困・負の連鎖」に関する課題意識を深めることを目的としたイベントを開催しました。

本イベントのタイトルは以下のとおりです。

 

【ソーシャルMBAフォーラム】
児童養護施設ドキュメンタリー映画「隣る人」鑑賞・対話会
〜「子どもの貧困・負の連鎖」を断ち切るために、私たちにできることは何か?

 

当日は、様々なバックグラウンドの社会貢献に対する高い意識を持った、41名の方々にご参加頂きました。

この記事では、その様子をご報告させていただきます。

 

総合司会は、YOU.labプロボノパートナーの門間が務めました。

 

f:id:YOU50:20180705111850j:plain
・総合司会 YOU.lab 門間

 

本イベントは、多摩大学大学院研究科長の徳岡晃一郎教授によるご挨拶から始まりました。

 

徳岡教授からは、これからの時代は社会の構造そのものを変革するイノベーションが求められていること、そして、そのためにはMBAの活躍のフィールドを企業内に留めず社会に広げていくべきであることが、提言されました。

 

f:id:YOU50:20180705112022j:plain
多摩大学大学院 研究科長 徳岡晃一郎教授

  

次に、YOU.lab代表として、私より、ドキュメンタリー映画「隣る人」をより深く鑑賞するための事前説明を行いました。
社会的養護や映画「隣る人」の製作の背景などについて、参加者の皆様にお伝えしました。

 

f:id:YOU50:20180705111934j:plain
・YOU.lab代表理事 五十嵐

 

その後、児童養護施設の日常を記録したドキュメンタリー映画「隣る人」を上映しました。

 

 

映画終了後すぐに、会場を暗くしたままの余韻の中で、映画を見終わった直後の心の揺らぎを率直な言葉にする参加者同士の対話セッション「アフター・シネマ・ダイアログ」を行いました。

参加者の皆様それぞれが自らの心に湧き上がった思いを語り合い、とても対話が盛り上がりました。

映画から得た多様な気付きを共有する貴重な時間となりました。

 

続いて、私より、課題提起として、「貧困で機能しない家族がもたらす『子どもの貧困・負の連鎖』の現実」をテーマに、以下のアジェンダでレクチャーを行いました。

 

1.「子どもの貧困」の現状

2.「貧困・負の連鎖」の現実

3.貧困な機能不全家族で育った子どもの自立の課題

4.「子どもの貧困・負の連鎖」がもたらす社会的損失

 

f:id:YOU50:20180705112331j:plain

 

その後、「アフター・シネマ・ダイアログ」のパート2として、「『子どもの貧困・負の連鎖』を断ち切るために、私たちにできることは何か?」をテーマに、参加者同士の対話セッションを行いました。

 

参加者には、児童養護施設で育った当事者の方、ボランティアとして当事者を支援している方や、福祉の領域で起業されている方など、多様な方々がいらっしゃいました。

それぞれの多様なバックグラウンドからの視点で様々な発言があり、会場で初めて出会った参加者の皆様同士が刺激を受け、創造的な「場」が生まれました。

 

最後に、私から、「簡単にはスッキリしないモヤモヤとした気持ちと向き合って頂きたい。答えのない宿題を贈ります。」とメッセージをお伝えして閉会としました。

 

「子どもの貧困・負の連鎖」は重層的な要因が絡んだ複雑な社会的課題であり、一朝一夕では解決に至る「正解」に辿り着けないでしょう。

 

多摩大学大学院で、徳岡教授と共に私の研究をご指導頂いた田坂広志教授は、こう語っていました。

 

「知能」とは、「答えの在る問い」に対して、いち早く答えを見い出す能力のこと。

「知性」とは、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力のこと。

 

「知性」を発揮するグラスルーツ・シンクタンクYOU.labは、本イベントに参加して頂いた皆様との貴重な出会いを糧にして、引き続き「答えのない宿題」に向き合って活動していきます。