ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

「ザ・ゴール」の著者の墓標に刻まれた言葉

 


Amazon.comCEOのジェフ・ベゾス氏は、自社の経営幹部に必ず三冊の本を読ませているそうです。


その中の一冊が、名著として全世界で30年以上読み継がれているビジネス書「ザ・ゴール」(エリヤフ・ゴールドラット著)ですが、最近、コミック版が出版され人気が出ているようです。
「ザ・ゴール」は、全世界で1000万人を超える人たちに読まれているとても有名な本なので、今更私が紹介するまでもないのですが、まだ読んでいない方には強くお勧めしたいと思います。
原作は一見すると分厚い本なので、ちょっと敬遠してしまう方も多かったと思いますが、コミック版であれば気軽に手に取れると思います。
内容については以下の記事を参照してください。

・教科書が大嫌い!読むと眠くなる

「ザ・ゴール」が1984年に出版されてからも、エリヤフ・ゴールドラット博士は多くの本を書いているので、コミック版で大筋を理解した後は、ぜひ他の本も読んで頂きたいと思います。

それは、ゴールドラット博士が提唱する「TOC(制約理論)」という手法の源泉にある思想・哲学が、深い慈愛と知性に満ちた魅力的なものだからです。

ゴールドラット博士は2011年に亡くなりましたが、その思想のエッセンスは墓標に刻まれた以下の言葉に表されています。

・人はもともと善良である
・対立はすべて取り除くことができる
・どんなに複雑に見える状況も、実は極めてシンプルである
・どんな状況でも著しく改善することができる。限界なんてない
・どんな人でも充実した人生を達成することができる
・常にウィン−ウィンのソリューションがある

この中でも、特に本質的なものを抜き出すと、以下の2つになります。
ゴールドラット博士は、編集者から「TOC(制約理論)」を一言で表現してほしいと依頼されたときにこう答えました。

・ものごとは、そもそもシンプルである〜Inherent simplicity.
・人はもともと善良である〜People are good.

TOC(制約理論)」そのものではなく、上に書いたようなゴールドラット博士の思想・哲学を理解するには、「ザ・チョイス」という本が最適だと思います。
生前、ゴールドラット博士はこう言っていたそうです。
「『ザ・チョイス』は、私にとって他の著作よりもはるかに重要な作品だ。100年後、200年後も読まれることを想定し、最も力を注いだ作品だ」

TOC(制約理論)」はとても有効な手法だと思いますが、推進する人がその基盤となる思想・哲学に共鳴していなければ本質的な改革には至らないように思います。
「ザ・チョイス」は、「ザ・ゴール」ほど有名ではありませんが、併せて読めば、より本質的な理解が深まると思います。

例えば、「ザ・チョイス」にはこう書かれています。

「『ものごとは、そもそもシンプルである』というのは、現実は、現実のあらゆる面は、すべてごく少数の要素によって支配されていて、どんな対立も解消できるということだ」

「明晰な思考をするための鍵は、『ものごとは、そもそもシンプルである』という考え方を信じることだ。それに勝るとも劣らず大切なのが、『人はもともと善良である』という信念だ。どんな仮説を立てるにしても、いきなり人に非を求めるのではなく、本当に責任を求めていいのかどうか、その検証がなされなければならない」

「人を責めると、間違った方向に行ってしまう。正しい方向からどんどん遠ざかってしまって、よいソリューションなんか見つからなくなってしまう。もし相手を排除できたとしても、ほとんどの場合、本当の問題は残ったままになる」

特に、「人はもともと善良である」という言葉に、ゴールドラット博士の深い洞察と慈愛が表れているように感じます。
「人」と「問題」を切り離すことによって、より客観的に原因を見極められるようになるでしょう。
また、「人」そのものが悪いのではなく、「人」に悪しき行動をとらせるような「問題」が悪なのだと考えれば、協調して「ウィン−ウィンのソリューション」を探していこうという気持ちにもなるでしょう。
そのような心構えを持って「TOC(制約理論)」を実践していくことが成功に繋がると、ゴールドラット博士は信じていたのだと思います。

ゴールドラット博士は、「ザ・チョイス」を以下の言葉で締めくくっています。

「そう、選択肢は二つだ。一つ目は自分を取り巻く現実を恨むこと。もう一つは、現実が与えてくれた贈り物を感謝して刈り取ることだ。これが私のいうフリーダム・オブ・チョイス、つまり選択の自由だ」

当たり前のことなのかもしれませんが、改めて読むと襟元を正されるような気がします。
何か問題に直面して困ったときに、本を読み返す時間がなくても、心の中で「People are good. Inherent simplicity.」とつぶやくだけでも、冷静さを取り戻せると思います。