ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

日本企業におけるマネジャー育成の必読書〜「成長する管理職: 優れたマネジャーはいかに経験から学んでいるのか 」


先の記事で、リーダー育成に関する本をご紹介しましたが、ほとんどが米国で出版されたものになっています。
リーダーシップ開発についての研究は、やはり米国が進んでいるので自然とそうなってしまいました。


企業におけるリーダーシップについては、国ごとに大きく異なるのではなく、むしろ共通の傾向がみられるという研究結果も出ていますし、経済のグローバル化が加速している時代なので、その差異はますます小さくなっていくことでしょう。


しかし、「そうは言っても、やはり、日本と米国の企業では違うのではないか」と、違和感を感じる方もいるかも知れません。


そこで、日本企業を対象にした、実証的研究によりマネジャーが成長するプロセスを解き明かした良書を紹介します。


今年出版された、北海道大学大学院経済学研究科の松尾睦教授の著書「成長する管理職: 優れたマネジャーはいかに経験から学んでいるのか 」です。


リーダーの成長の7割は、「仕事上の直接経験」によって決まるということが、先行研究によって明らかになっています。


本書は、その「仕事上の直接経験」に焦点を当てて、日本企業の管理職を対象に統計的な分析を実施した結果から導かれた知見を解説しています。


リーダー・管理職・マネジャーなど色々な言葉が使われますが、本書では「マネジャー」を対象として、その定義を「組織の全体、もしくは組織内の明確に区分できる一部分(部署)の業績に責任を持つ人物」としています。


優れたマネジャーを育成するには、成長の7割を決定付ける「仕事上の直接経験」を、偶然に任せるのではなくマネジメントしていくことが重要です。


そのために、本書では、以下の2つの問いに対して答えを導き出しています。


1.経験はどのように能力と関係しているのか?
2.経験はどのような要因によって決定されるのか?


これらの問いに対する研究結果が詳細に解説されていますが、例えば、一つ目の問いに対しては、以下のように述べられています。


「『経験はどのように能力と関係しているのか』という第1の問いに関しては、『部門を越えた連携、変革への参加、部下育成』という3つの経験が複合的に『情報分析力、目標共有力、事業実行力』を高めていた」(P25)


情報分析力とは、情報収集し、多様な視点で原因を見定め、事前に準備する能力です。
目標共有力とは、目標を明確にし、周囲の関係者に浸透させ、共有する能力です。
事業実行力とは、ビジネスチャンスを見極め、リスクがあっても挑戦し、事業を推進する能力です。


上記の能力がマネジャーにとって重要であることは、他の先行研究との比較分析によっても明らかにされています。


前の記事で紹介した、CCLのモーガン・マッコール教授の研究結果との関連性も明らかになっています。

また、上記の2つ目の問いについても、興味深い結果が出ています。


本書は、基本的には研究書というスタイルではありますが、一般的なビジネスパーソンが読めるように配慮されています。
要点が簡潔な図解や表にまとめられ、とても読みやすい文章で書かれています。


また、松尾教授の研究から導かれた知見だけではなく、海外や日本におけるマネジャー育成に関する様々な先行研究についても解りやすく整理されています。


補論では、マネジャーの育成方法や経験学習の診断方法の紹介もあります。


例えば、優良企業のリーダーシップ開発プログラムと平均的な企業のそれとの違いとして、以下のような特徴があるそうです。


◆介入の程度と集中度が高い
◆自分たちの努力を測定している(例えば、有望人材の数、離職率
◆成長を促す職務・課題・上司を意識的に管理している
◆経営幹部がリーダー育成にコミットしている

(P195)

これらが、リーダー育成プログラムを成功させるポイントであるといえるでしょう。


その他にも、本書には、定量的・定性的な調査に裏付けられたマネジャーの成長に関する知見が豊富に記載されています。


もはや日本においても、マネジャーの成長を科学的に捉えなければならない時代になってきました。


本書は、現役のマネジャー、マネジャーを目指す若手・中堅社員、そしてマネジャーを育成する役割を担う人材開発部門の社員の方にとって、必読の価値があると思います。


大々的にプロモーションされて書店の店頭に平積みされるタイプの本ではなく、手に取る機会は少ないかも知れませんが、より多くのビジネスパーソンの方に読まれることを願っています。


また、松尾教授の著作では、以前の記事で紹介した「経験からの学習」もお薦めです。以下のURLを参照してください。


・プロフェッショナル育成の必読書〜「経験からの学習−プロフェッショナルへの成長プロセス」

http://www.yuichi-igarashi.com/hr/2013/08/post-bf6b.html