ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

「キャリア」の本当の意味とは?

f:id:YOU50:20180705145259j:plain


「キャリア・アップするにはどうしたらいい?」
「キャリア」という言葉は、そのように使われることが多いようです。

でも、そもそも「キャリア」って何でしょう?

「キャリア」という言葉の定義には様々なものがあります。
その中の一つとして、ドナルド・E・スーパーという心理学者が提唱したものをご紹介します。

 

  • 人生を構成とする一連の出来事
  • 自己発達の全体の中で、労働への個人の関与として表現される職業と、人生のほかの役割との連鎖
  • 青年期から引退期にいたる、報酬無報酬の一連の地位
  • それには学生、雇用者、年金生活者などの役割や、副業、家族、市民の役割も含まれる

 

こうして見ると、「キャリア」という言葉は、かなり幅広い意味を含んでいるようです。

学者の定義なのでわかりにくい表現かもしれませんが、なんとなく伝わってくるのは、キャリアとは、決して職業や地位だけではなく、ある意味で人生そのものだという事でしょう。

スーパーの定義から見れば、女性にとって主婦や母親という役割もキャリアの一部と言えると思います。
家庭で子育てをしていた期間もキャリアが積み上がっていると言えるでしょう。

私にも子供がいるので良くわかりますが、子育てには、様々な葛藤を乗り越える忍耐力も必要ですし、高度なコミュニケーション・スキルも求められるものだと思います。

それは、市場がグローバルになり多様性への対応が求められる企業において、最も必要な能力だと思います。

でも、世間一般的には、育児に専念することは「キャリアの断絶」として捉えられ、企業での女性の活躍を阻む要因になる事があります。

もっと多くの人がキャリアという言葉には、様々な考え方があるということを知ることも必要だと思います。

スーパーの定義から考えてみるだけでも、給与の多寡や地位の上下だけでなく、プライベートと仕事の相乗効果を高め人生そのものを充実させるという視点で、自分のキャリアを見直すことができるでしょう。