ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

機能不全家族・負の連鎖を断ち切る

家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう!~トークイベント開催のお知らせ

子ども達の明るい未来を願う大人のためのトークイベント家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう! 「虐待などで家庭から保護された子どもたちは、どこへ行くの?」 虐待や育児放棄、貧困など、様々な問題により、家庭から保護された…

児童養護施設から自立する子どもたちに一番必要なこと

「夢は持たなくてもかまいません。常に確たる目標を持ち、その目標に向かって努力を惜しまなければ、やがて夢のような奇跡が起きるでしょう。」 これは、カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次德ニさんの言葉です。 有名な話ですが、宗次さんは、このような生…

児童養護施設の子どもたちが自立するためのプレゼント

昨日、毎月通っている児童養護施設で、キャリア教育の集合セッションを実施してきました。今回のテーマは、「人生でコケないための『人』付き合い(基本編)」です。 昨年の9月から継続して実施していますが、だんだんと、子どもたちの退所後のキャリアを「…

尚美学園大学にて講義を行いました

9月27日(木)、埼玉県川越市の尚美学園大学で講義をさせていただきました。 秋らしい雰囲気が漂う尚美学園大学川越キャンパスにて、日本における相対的貧困をテーマとして、約200名の学生にお話をさせていただきました。 本講義は「地球と環境」とい…

新たな児童養護施設向け自立支援キャリア教育プログラムが立ち上がりました!

茨城県つくば市の児童養護施設「筑波愛児園」で、私が主宰するグラスルーツ・シンクタンクYOU.labで開発を進めていた「あかるいみらい作戦会議」という自立支援キャリア教育プログラムをスタートさせました。 開発のコンセプトについては、以下の過去記事を…

児童養護施設の子ども達を「しあわせループ」に導く、「あかるいみらい作戦会議」とは?

児童養護施設で暮らす子ども達は、原則として18歳になると施設を出て「世帯主」として、自分で住むところを確保して独り立ちしなければなりません。 高校を出て進学するにしろ就職するにしろ、「オトナの世界」の中で自分の力を頼りに生きていくことになり…

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」出演のお知らせ

実は、昨年から、私が修士課程を修了した多摩大学大学院を舞台にしたドキュメンタリー番組の取材を受けていました。いよいよ、その番組が放映されることになったので、以下の通りお知らせしておきます。 フジテレビ「ザ・ノンフィクション」輝きたくて… ~人…

児童虐待の連鎖を止めるために、まず「知る」ことから始めてみよう

またも、子どもが親から虐待を受けて死亡してしまうという痛ましい事件が起き、大きなニュースになりました。 多くの人々が、親は当然のこと、児童相談所や警察に対して、非難をしています。 しかし、そのように、自分を傍観者の立場において、他者を批判し…

「いやしのプチ心理学カフェ」を開催しました

安心して自分の心の傷と向き合うきっかけの場を創りたいという願いを込めて、「いやしのプチ心理学カフェ」というイベントを開催しました。 イベントの内容は、以下のチラシ画像や告知サイトを参照してください。 【いやしのプチ心理学カフェ】「その生きづ…

なぜ、ビジネススクールで、児童養護施設のドキュメンタリー映画の自主上映会を開催したのか?

「なぜ、ビジネススクールで、児童養護施設のドキュメンタリー映画の自主上映会を開催したのか?」 先の記事で開催レポートを掲載した「ソーシャルMBAフォーラム」について、このような疑問を持った方も多いことでしょう。 確かに、それは尤もだと思います。…

【ソーシャルMBAフォーラム】開催レポート 〜映画「隣る人」鑑賞・対話会

2017年8月6日(日)に、私が主宰するグラスルーツ・シンクタンクYOU.labと多摩大学大学院の共催により、日本において社会的課題となっている「子どもの貧困・負の連鎖」に関する課題意識を深めることを目的としたイベントを開催しました。 本イベント…

児童養護施設ドキュメンタリー映画「隣る人」鑑賞・対話会のお知らせ

HRの経験で培ったスキルを、社会的課題の解決に活かすことを考えてみませんか? HRのスキルとは、いわば「人の成長を促す力」です。 その力を、企業内に留めず、広く社会に解放すれば、もっと幸せな世の中を創れるはずです。 今、日本では、「子どもの貧…

負の連鎖を断ち切るために 〜心の傷を癒す責任

最近のテレビや新聞などでは、日本の子供の貧困や児童虐待が大きな社会問題として取り上げられることが多くなってきました。 児童養護施設に子供が入所する理由も、親との死別や病気等ではなく、虐待や酷使が大多数を占めているそうです。 そのような子供た…