ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

児童養護施設への支援

久しぶりに開催します!「いやしのプチ心理学カフェ」~その生きづらさは、あなたのせいじゃない

まだ、ちょっと先のことになりますが、8月4日(日)に、こんなささやかな集いを開催します。 「いやしのプチ心理学カフェ」その生きづらさは、あなたのせいじゃない〜心の傷をいたわるための、ささやかなヒント 集いの詳しい内容は、こちらのリンク先をご覧…

児童養護施設の子どもたちが自立するためのプレゼント

昨日、毎月通っている児童養護施設で、キャリア教育の集合セッションを実施してきました。今回のテーマは、「人生でコケないための『人』付き合い(基本編)」です。 昨年の9月から継続して実施していますが、だんだんと、子どもたちの退所後のキャリアを「…

児童養護施設の子どもたちが、明るい未来を拓くには?

児童養護施設の生活で培った強みを活かせば、夢を諦めずに社会に出て活躍できる。 これが、私がキャリア教育を行っている児童養護施設の子どもたちに対する想いです。決して、「かわいそうな子どもたちへの支援」というようなスタンスではありません。 心の…

「ソーシャル・キャリアコンサルタント」として生きる

ブログ名に、「ソーシャル・キャリアコンサルタント」という言葉がありますが、ごく普通の方々にとっては、そもそも「ソーシャル・キャリアコンサルタントって何?」という感じだと思います。私が勝手に作った造語なので、初めて目にする言葉だと思います。 …

新たな児童養護施設向け自立支援キャリア教育プログラムが立ち上がりました!

茨城県つくば市の児童養護施設「筑波愛児園」で、私が主宰するグラスルーツ・シンクタンクYOU.labで開発を進めていた「あかるいみらい作戦会議」という自立支援キャリア教育プログラムをスタートさせました。 開発のコンセプトについては、以下の過去記事を…

児童養護施設の子ども達を「しあわせループ」に導く、「あかるいみらい作戦会議」とは?

児童養護施設で暮らす子ども達は、原則として18歳になると施設を出て「世帯主」として、自分で住むところを確保して独り立ちしなければなりません。 高校を出て進学するにしろ就職するにしろ、「オトナの世界」の中で自分の力を頼りに生きていくことになり…

児童虐待の連鎖を止めるために、まず「知る」ことから始めてみよう

またも、子どもが親から虐待を受けて死亡してしまうという痛ましい事件が起き、大きなニュースになりました。 多くの人々が、親は当然のこと、児童相談所や警察に対して、非難をしています。 しかし、そのように、自分を傍観者の立場において、他者を批判し…

「社会的養護の元で育った若者のための、キャリアコンサルティング体験会」を開催しました

児童養護施設など、いわゆる社会的養護の元で育った方々は、原則として18歳になった時点での自立を求められます。 そのため、自分の適性や望ましい人生設計をじっくり考える余裕もなく、手っ取り早く収入を得ることや住み込み・寮などの条件を優先して就職…

「いやしのプチ心理学カフェ」を開催しました

安心して自分の心の傷と向き合うきっかけの場を創りたいという願いを込めて、「いやしのプチ心理学カフェ」というイベントを開催しました。 イベントの内容は、以下のチラシ画像や告知サイトを参照してください。 【いやしのプチ心理学カフェ】「その生きづ…