■死生観を磨く

私は不死であり「永遠の一瞬」を生き続ける

※画像はイメージです こんにちは!キャリアコンサルタント・敬聴師の五十嵐ゆういちです。 死生観を磨くのは大事なことだと思っています。 私の死生観のようなものを言葉にしてみました。 未熟者なので安っぽいポエムのような拙い表現になってしまい、お恥ず…

世界は私であり、私は世界である。私の心が輝くとき、世界が癒され輝きを増す。

※画像はイメージです こんにちは!敬聴師の五十嵐ゆういちです。 今、私が感じている精神の自由や幸福感のようなものを言葉にしてみました。 本当は言葉にできるものではないのですが……。 ですので、安っぽいポエムのような拙い表現になってしまい、お恥ずか…

人は、がんになってもワクワクしながら生きることができる

いよいよ、かねてよりお知らせしていた、ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」上映&監督トークショーの開催が、来週に迫ってきました。 このイベントは、「ビジネス(商品)」ではなく「アート(作品)」です。 あくまでも私の個人的な考えで…

松下幸之助氏が辿り着いた「宇宙根源」と、私が辿り着いた「大いなる命」

年明けに、私の死生観を踏まえた人生の意味について記事を書きました。 私が考える自らの人生の意味を一言で言えば、こうなります。 自らが理想とする「人としての望ましい生き方」を、自らの人生で試行し、その成果を「大いなる命」に還元する。 その想いに…

なぜ私は死ななければならないのか?その日までどう生きればいいのか?

※画像はイメージです なぜ、私は死ぬのでしょうか?どうせ死ぬのに、生きる意味はあるのでしょうか? どんなに幸せになったとしても、どんなに家族を愛していても、いずれは死によって引き裂かれる日が必ずやってきます。 その現実を思うとき、なぜ、私はそ…

なぜ、「生きる意味」を問わないMBAホルダーがAI(人工知能)に淘汰されるのか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 すい臓がんで亡くなった有名なスティーブ・ジョブス氏は、がんの宣告を受けた後、こう言っていました。 「自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。」 イノベーショ…