ソーシャル・キャリアコンサルタント 五十嵐郁一 Official Blog

社会起業家×キャリアコンサルタント=ソーシャル・キャリアコンサルタント → より幸せな社会の実現を目指して

最も広く深い「キャリア」の意味とは?

私が主宰するプレイフルキャリア研究所には、広く深い独自のキャリア観があります。 それは、ごく一般的なキャリア観とは次元が異なるものです。 一般的で、比較的狭く浅い意味でのキャリアの定義については、以下の過去記事をご覧ください。 プレイフルキャ…

【イベント開催レポート】家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう!

2019年11月30日(土)に、一般的にはあまり知られていない児童養護施設の現状について、理解を深めて頂くためのトークイベントを開催しました。 児童養護施設で育ち自立して福祉系モデルとして活躍している方と、私が1年間に渡ってキャリア教育を実…

【ソーシャルMBAフォーラムvol.3開催レポート】トークイベント「社会副業家という新たな生き方のスタイルとは?」

2019年10月26日(土)に、私が主宰するプレイフルキャリア研究所と、MBAスクール多摩大学大学院とのコラボレーションにより、「社会『副業』家」という新たな生き方のスタイルを提案するトークイベントを開催しました。 イベントの概要は以下の通り…

家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう!~トークイベント開催のお知らせ

子ども達の明るい未来を願う大人のためのトークイベント家庭で傷つけられた子どもが育つ「児童養護施設」の現場を知ろう! 「虐待などで家庭から保護された子どもたちは、どこへ行くの?」 虐待や育児放棄、貧困など、様々な問題により、家庭から保護された…

部下を「犬死に」させないために、マネジャーは何をすべきか?

企業に勤める人の多くは、人事異動などで色々なポジションを経験してキャリアを積んでいくと思います。 私も、サラリーマン時代には、事業組織の営業所長だったり、組織横断的なプロジェクトのリーダーや、企画担当職など、様々な立場で仕事をさせてもらいま…

「なんとなくマネジャー」にMBAがおススメする3冊の本

「日々、なんとなく仕事をこなしているけど、マネジメントってこんな感じでいいの?」 会社の管理職の方とお話すると、そのような想いを抱えている方が、意外と多くいらっしゃいます。 特に、若いなりたての課長さんクラスの方は、自分のマネジメントスタイ…

NPO法人イエロー・エンジェル様より助成金を頂きました!

2019年9月に、NPO法人イエロー・エンジェル様より、私が主宰するプレイフルキャリア研究所の社会貢献活動に対して、助成金をいただきました。 この度の助成の対象は、「児童養護施設向けキャリア教育の推進活動」です。 NPO法人イエロー・エンジェル様は、カレ…

【ソーシャルMBAフォーラム開催レポート】ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」上映&ゲスト・トークショー

2019年9月14日(土)に、私が主宰するプレイフルキャリア研究所と、MBAスクール多摩大学大学院とのコラボレーションにより、一般的なMBAスクールでは取り上げない「がん哲学」を題材として、ドキュメンタリー映画としては異例の大ヒットとなった「が…

誰でもロンブー田村淳さんと同じことができる!

ネットメディアの記事で、ロンブーの田村淳さんが慶應大学院に入学したことを知りました。 それも、「死者との対話」を学ぶために・・・。 私はこの記事を読んで、深い共感を覚えました。 私も、大学は中退しましたが、田村淳さんと同じようなことをして、48…

台風が来そうになると自腹で前泊していたサラリーマン時代の話

※画像はイメージです 昨日の関東地方は、台風が直撃して、通勤時に交通機関もマヒしてかなり混乱しましたね。 Twitterでは、「地獄絵図」というキーワードがトレンド入りして、大変な様子が数多くツイートされていました。 会社に行こうとした方々は本当に大…

サラリーマンのワクを越えて、新たな自分の可能性を試すには?~「社会『副業』家」という生き方のスタイル

経済産業省の調査によると、副業を希望する人は、2002年の331万人から2017年には424万人に増加しているそうです。でも、実際に副業をやっている人は、2002年の255万人から2017年に268万人で、あまり増えていません。副業をやってみたいと思っている人と、実…

ゴールするのが美しいのでは無い。シュートする行為が美しいのだ。

エリック・カントナ(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 私なんかはいつもですが、色々頑張っても思い通りの結果が出ないことって良くあると思います。 そんな時は、なんとなく無意味な時間を過ごしてしまった様な気がして、ちょっとブ…

なぜ、「生きる意味」を問わないMBAホルダーがAI(人工知能)に淘汰されるのか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 すい臓がんで亡くなった有名なスティーブ・ジョブス氏は、がんの宣告を受けた後、こう言っていました。 「自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。」 イノベーショ…

なぜ、キャリアコンサルタントが、ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」を上映するのか?

以前の記事でもお知らせしましたが、私が主宰するプレイフルキャリア研究と多摩大学大学院とのコラボレーションで、こちらのイベントを開催します。 【ビジネスパーソンが磨くべき「死生観」という知性】ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」…

令和時代のキャリアは、「ワーク・ライフ」バランスから「ワクワク」バランスへ

最近は、やたらと「働き方改革」を進めようという掛け声が世の中で飛び交っていますね。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉も良く知られるようになりました。 「働き方改革」の一般的な考え方は、「ワーク」を減らして「ライフ」を充実させようという感…

死生観を磨くと何が起きるのか?

※画像はイメージです あなたは、どのような「死生観」を持っていますか? やはり、それは深くて難しい問いでしょう。もちろん、絶対的な正解は無いし、人によって違いがあって当然だと思います。 私にとっての「死生観」の根本には、多摩大学大学院の田坂広…

「目白がん哲学外来カフェ」に参加して思ったこと

もう数か月前のことになりますが、「目白がん哲学外来カフェ」という集いに参加してきました。 「がん哲学外来カフェ」とは、主にがん患者や家族の方々が集まり、 気軽にお茶やお菓子を囲みながら、安心して何でも話し合える、ゆったりとした交流の場です。 …

中高年の「余生」を新たな「使命」に活かす、「ライフシフト大学」とは?

「ライフシフト大学」品川シティキャンパス(略称 SCC) 「余生」という言葉がありますが、一般的には「余った人生」というイメージでしょうか。 どうせ余り物なら、色々な使い道を試してみたら面白いんじゃないかと思います。 余り物の人生も、うまく使うの…

ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」上映&ゲスト・トークショーを開催します

今や、日本人は、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡すると言われています。いざ、がんを宣告された時には、誰しも「死」を意識することでしょう。 日々の忙しい生活に追われ、「人は必ず死ぬ」という当たり前の事を忘れているビジネスパーソン…

部下の成長を願う上司は何をすべきか?

人は、聴いてもらえることで癒され、訊いてもらうことで動き出す。だから、人の成長を願うなら、透明な心で言葉を交わすことから始めよう。 これは、私のキャリアカウンセリングに対する心がけの一つです。 「聴く」と「訊く」。同じ「きく」という言葉にも…

勉強という言葉の意味を、「テスト・受験対策」だと勘違いしていませんか?

※写真はイメージです 良く東大に入った人のことを、「頭のいい人」と言いますが、私はちょっと違うと思います。 正確には、「正解があるペーパーテストで高得点を取るのが得意な人」と言った方が良いと思います。だから、テレビ番組でクイズに答えるのは得意…

自分探しに悩むライオンはいない

※画像はイメージです キャリアについて、良く若い方からこんな悩みを聞きます。 「今の仕事が自分に合っているかどうか分からない」「やりたい事が見つからない」「自分がどんな仕事が好きなのか分からない」 人はなぜ、このような自分探し、天職探しのよう…

児童養護施設から自立する子どもたちに一番必要なこと

「夢は持たなくてもかまいません。常に確たる目標を持ち、その目標に向かって努力を惜しまなければ、やがて夢のような奇跡が起きるでしょう。」 これは、カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次德ニさんの言葉です。 有名な話ですが、宗次さんは、このような生…

人間関係の疲れをいやす祈り

※画像はイメージです。 仕事や恋愛など、悩み事の多くは、突き詰めると人間関係の問題に行き当たるような気がします。 自分が相手に何かを求めてもそれが得られなかったり・・・。相手に何かを求められても自分がそれを与えられなかったり・・・。 色々なケ…

児童養護施設の子どもたちが自立するためのプレゼント

昨日、毎月通っている児童養護施設で、キャリア教育の集合セッションを実施してきました。今回のテーマは、「人生でコケないための『人』付き合い(基本編)」です。 昨年の9月から継続して実施していますが、だんだんと、子どもたちの退所後のキャリアを「…

児童養護施設の子どもたちが、明るい未来を拓くには?

児童養護施設の生活で培った強みを活かせば、夢を諦めずに社会に出て活躍できる。 これが、私がキャリア教育を行っている児童養護施設の子どもたちに対する想いです。決して、「かわいそうな子どもたちへの支援」というようなスタンスではありません。 心の…

そもそも「キャリアコンサルタント」って何者?

※画像はイメージです はじめに キャリアコンサルタントって何する人? キャリアについて誰かに相談するときの注意点 キャリアについて相談を受ける人の主なスタイル 独立キャリアコンサルタント 公的キャリアコンサルタント 企業内キャリアコンサルタント 転…

そもそも「キャリアコンサルティング」って何なの?

※画像はイメージです はじめに 狭い意味での「キャリアコンサルティング」の定義 公的な定義について キャリアコンサルティングの全体像 キャリア「コンサルティング」とキャリア「カウンセリング」の違い 広い意味での「キャリアコンサルティング」の定義 …

相手の「ストーリー」を見ればストレスが減る

※画像はイメージです テレビドラマでも映画でも、ストーリーものを途中から見ると、登場人物のセリフの意味もイマイチわかりにくいですよね?まあ、わからなくて当たり前なんですけど(笑) これには、きっとあなたにもうなずいて頂けると思います。 でも、…

大人になっても子どもの頃の夢を終らせないために

※写真はイメージです。 キャリアコンサルティングの発展に多大な功績を残したJ.D.クランボルツ博士が調査したところ、18歳のときに考えていた職業に就いている人は、全体のたった約2%のみだったそうです。 ましてや、子供の頃からの夢だった職業について…